63キロから50キロまで、運動せずに激やせした方法

スポンサーリンク

運動せずに、楽に痩せる方法はありませんか?

私は、20代の前半に、会社のストレスで50キロ位だったのに、65~66キロまで太ってしまいました。その後結婚し、主婦になったのですが、体重は、58キロから63キロの辺りをする状態です。ちょっと病気もあるので、運動はできません。

63キロから50キロまで、運動せずに激やせした方法

私が運動せずに、10キロ以上痩せた方法がありますのでご紹介しますね。私は以前、158センチで、体重は63キロから65キロあたりをうろうろしていたぽっちゃりさんでした。

出産した後に、ぶくぶく太ってしまって、下の娘を産んだ時に最大の65キロ、そこから絶食ダイエットで2キロ痩せたんですけど、それ以上痩せなくて困りました。

でも運動せずダイエットをチャレンジしてみたら10キロ以上激やせしましたよ。

その方法は、食べ物を変えると言う方法。いろんな本を読んで、食事を変えて痩せると言う方法を試してみました。いろいろありますね。卵だけ食べるとかりんごだけ食べるとか、納豆だけを食べるとか。でも〇〇だけを食べると言う方法は長続きしないんですよ。

それから、糖質制限。ご飯やパン、うどんなどの、炭水化物一切抜くと思うんですけどこれもストレスすごく溜まりますよね。

でも、やっぱり糖質、ご飯やパンやうどんなどは、太る原因ですよ。実際私が太ったのも、つわりがひどい妊娠中に、パンしか食べられず、それで太ったこと。さらに授乳中に、ご飯やうどんを食べまくったこと。これが原因だったかなと思ったんです。

なので、やっぱり糖質を若干制限する方法の方が、簡単に痩せれると言うことに気づきました。それで、ある本に書いてあった方法を試しました。

それは、お肉とか、魚、卵、チーズなどのタンパク質を、ゆっくりと心行くまで噛んで、満足いくまで食べると言う方法です。これは、沖縄の食事療法だと言われているようで、実際に、お医者さんが開発したような危険性の少ない方法です。

私は具体的には、お肉、お魚、卵、チーズを、それぞれ1日必ず食べること。量としては、お肉は大体150グラム位、卵2個か3個。魚は50グラムから100グラム。チーズを大体100グラム位。

毎日これだけ食べようとすると、結構お腹いっぱいになりますよ。そして食べる時は、よく噛むこと。お肉や魚、卵とかよく噛んでいると、とっても幸せな気持ちになりますよね。そしてお腹に入ったとは、とても満足な気持ちになり、さらに、なかなかお腹がすかないのです。

私が食べたのはこれだけで、それ以外に、野菜とかキノコなどの、低カロリーの食材は、それほど食べませんでした。というより、肉や魚をこのぐらい食べると、もうお腹いっぱいで、それ以上何か食べようと思わないのです。

あともう一つ。ご飯やパン、麺類は極力控えました。私の場合は、肉魚卵を食べていると、なかなかお腹がすかないので無駄なものが食べられなくなりました。なので、ご飯も茶碗半分でお腹いっぱいになったり、パンを食べたくなくなったりしました。これは、ストレスなく自然にできました。

正直言って、運動はこの方法を始める以前よりずっと少ないです。買い物も、今までは痩せるためにとか言って、ウォーキングを兼ねて行って重い荷物を持ってヒーヒー言いながら歩いてましたけど、その時はもう運動するのがめんどくさくなっていたのでウォーキングをやめて車に変えた位です。それでも、10キロ以上激やせしました。

この方法で本当に20キロとか激やせする人は、糖質制限をもう少し厳格になっているみたいです。全くご飯を食べないとか、麺類やパンとかは一切口にしない、などです。

さらに、糖質の多いものは全てカット。野菜であってもとうもろこしやジャガイモ、ニンジンなどを食べないとか、料理に一切砂糖を入れないとか。そういった厳格な糖質制限をすれば、20キロ以上の激やせを、運動なしでできるかもしれませんね。

とにかくまず、運動なしで激やせを狙っている人は、肉、魚、卵、乳製品をゆっくり噛んで心行くまで美味しく食べると言う食事方法に変えてみたらいかがでしょうか。

お肉や魚は、調理方法がたくさんありますよね。基本的に調理の方法は自由です。焼くでもいいですし、ボイルしてもいいし、調味料は、あまりにも脂っこいものや、あまりにも甘いものじゃなければ何でもいいですよ。塩胡椒、オリーブオイル、バジルなどのハーブを使えばとてもおいしいお肉料理ができます。

お魚や卵、乳製品も、料理方法たくさんありますね。私は唯一揚げ物だけはやめました。揚げるに美味しく料理する方法がたくさんありますね。もし料理が好きな人だったら、この際お肉料理お魚料理をたくさん作って楽しみながらダイエットしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする