短期間に絶対確実痩せたいとき:でも運動は出来ない

スポンサーリンク

1週間で10キロ、運動なしで激やせできる?

1週間後に、身体計測があります。それまでに、10キロ痩せたいです。運動はできないです。(自分があるんです)簡単な食事制限とか、軽いストレッチとかだったらがんばってやります。どうしても1週間以内に10キロ痩せたいんです。

短期間に絶対確実痩せたいとき:でも運動は出来ない場合

身体計測があると言う事は中学生とか、高校生の方でしょうか?そうなると、厳しい食事制限はできないですよね。1週間で10キロ激やせできるかというと、どうでしょうか。体を壊してはいけませんしね。

無理なく10キロぐらい痩せる方法、私はこの方法で、OL時代、10キロ痩せましたよ。その時は若かったのでできる方法ですね。現在は40代。やはり40代になると痩せにくくなるので、10代から20代前半の若い方には、良い方法だと思いますよ。

夕飯をかなり減らす

夕食は、全く食べないか、ローカロリーなものだけにします。キノコや、こんにゃく、キャベツ、レタス、もやし、などの、ほとんどカロリーのないものを、何もつけずに食べるが、塩だけを少しふりかけて食べます。

それも、時間は、7時まで。7時以降は水以外一切口に入れません。夜どうしてもお腹がすいたら、梅干を小さくちぎったものを口に入れて、1分間ずっと何も手を舐め続ける。

水は1日2リットル以上飲む

お水は、1日に2リットル位飲みます。ただ飲み方は、一気飲みしてはいけませんよ。一気飲みすると、お腹がすごく膨らんで、水が尿になった後に逆にお腹が減ります。それに、水中毒になると言うこともあるみたいですし。

なので水を飲むときは、こまめに飲みます。1回につきコップいっぱい位を、1日10回から15回に分けて飲みます。

アミノ酸飲料を飲み半身浴

お風呂は、ゆっくり半身浴。お風呂に入る前に、アミノ酸飲料などを飲んでおくと、脂肪が燃焼されやすくなります。

ストレッチとマッサージ

そしてお風呂上がった後に、20分以上ストレッチをしましょう。ストレッチは、特に下半身を重点的に。下半身には、むくみの原因となる水分が溜まっていたり、老廃物が溜まっています。

ストレッチをして後はマッサージです。マッサージは、下から上押し上げるようにするのがコツです。足だったら、踵からくるぶし、ふくらはぎ、太ももと言う具合に、下から上に押し上げるようにマッサージしましょう。下半身の水分を体の上の方にあげて、むくみを解消するためです。そうするだけで、1週間で2キロぐらい体重が減る人もいますよ。

お腹を引っ込めて歩く

歩くときは、常にお腹をぎゅっと引っ込めて歩きます。歩くときだけじゃなく、座っている時も、お腹の筋肉が常に引き締めるようにしてください。お腹には腹筋がありますね。腹筋は体の中でもとても大きな筋肉です。

この筋肉が、何もしなければ緩んだままですが、少し意識して引き締めるだけで、筋肉を使うことができます。そして腹筋がしっかりついてくれば、スタイルも良くなり、自然に姿勢も良くなりますよ。

炭水化物は、午前中に食べる

ご飯やパン、うどんなどの麺類は、どうしても食べたければ、午前中に食べます。遅くとも3時以降には炭水化物や糖質(甘いもの)を食べるの控えましょう。どうしても食べたい人は、1回にまとめて食べるのではなくて、午前中1回、午後に1回といった形で同じ量を2回に分けて食べましょう。

体重を測り、変化を見える化する

自分の体重や、体脂肪率、痩せたい部位のサイズを測ってExcelなどの表計算ソフトに入れました。表計算ソフトは、簡単にグラフを作ることができますよね?

体重を数字だけで認識するより、各部位のサイズがどう変化していったかを見えるようにしたら、すごくダイエットのやる気がアップしましたよ。体重だけでなく、サイズを測ると、体重だけにこだわることもなくなります。実際体重を落とすには、見た目をきれいに痩せさせるためですよね?なので、体重があまり減らないなくても、太ももや、ウエスト、ふくらはぎのサイズが変わっていけば、ダイエットのモチベーションになりますよ。

こういった方法をできるだけ併用すれば、運動しなくても10キロぐらい痩せることができます。1ヵ月であれば、少なくとも3キロぐらいは痩せられるんじゃないでしょうか?

また、もっと痩せたいなら、もっと食べる量を減らすことによって、10キロぐらい減らすことができます。

やっぱり、太っている人は、炭水化物を、夜遅い時間に食べる習慣がありますよね。寝る前にアイス食べていたりとか、お酒飲んだ後にラーメン食べたりとか。

さすがにダイエット中の人はこういったことをしないと思いますけど、太る理由は、炭水化物や糖質の取りすぎが主な原因です。食べて、そして運動して痩せようとするよりは、食べ物を工夫した方がずっと効果は早く出ますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする